インディバエステの効果はどんなもの?

ダイエットにも効果的!!

「インディバエステ」は高周波エネルギーを身体の深部に送ることによって、身体を内側から温めてくれます。
その結果、身体の代謝機能を高めてくれることは、
主に肌トラブルの解消についての話したをした時に書いたとおりです。
そして、身体の代謝機能がアップすることによって、血液やリンパの流れも良くなり、
肌トラブルの改善だけではなく、いわゆるダイエット全般にも効果を発揮するのです。

 

そもそも、ダイエットの必要を感じるときというのは、「太った」と感じるときが多いものです。
「太った」と感じる理由はいくつかありますが、体重が増えたときや、
以前は普通に着られていたはずの服がきつく感じるようになったときなどが挙げられます。

 

毎日体重計に乗っている人も少なくないと思いますが、
女性はわずかな体重の増加も気になるものです。
体重が増えるときは、脂肪がついてきたと解釈することもできますが、
筋肉がついてきた時にも、実は体重は増加します。
なぜなら、脂肪よりも筋肉の方が重いからです。
なので、スポーツやジムを始めたときなどで
身体は締まってきたけど体重が増えてきた、というときはあまり問題はありません。
問題があるのは、なにもしないのに体重が増えてきたときです。

 

人の身体にある脂肪細胞は、実は増えることはありません。
人の身体の細胞は、生まれたときから決まっていて、通常であればその数が変動することはありません。
では、なぜ太るのかというと、一般的に「脂肪がついてきた」ときは、
実は脂肪細胞が「増加した」わけではなく「膨らんだ」状態になっているというわけです。
 

セルライト改善

「太った」・「脂肪がついてきた」と感じたときに気になるのが、「セルライト脂肪」です。
何度もメディアで取り上げられているので、今では認知度もかなり上がってきた「セルライト」ですが、
「脂肪」が「セルライト」に変わるメカニズムはどうなっているのでしょうか。

 

「セルライト」が出やすい部位として、真っ先に挙がるのが太もも(裏側)です。
太って脂肪がついてくると、脂肪細胞が膨らんで肥大化していきます。
そうすると、肥大化した脂肪細胞の周りにある血管やリンパ管が圧迫されてきます。
その結果、血液やリンパ液の流れが悪くなってしまいます。
ホースの途中を踏むと水の出方が悪くなるのと同じ理論です。
酸素や栄養を運んだり、老廃物を排出してくれたりするはずの血液やリンパ液の流れが滞ると、
当然酸素や栄養は身体に届きにくくなますし、
老廃物は身体に蓄積されていくことになります。
そうした状態が続くと、肥大した脂肪細胞の一部が変形して、
硬くなってしまいます。これが「セルライト」です。

 

これらのことからも分かるとおり、「セルライト」はすぐにできるものではなく、
太り始めてからある程度の時間がかかります。
時間がかかって作られたものは、残念ながらなくすためにも時間がかかってしまいます。
「セルライト」除去には、一般的にリンパマッサージなどが有効とされていますが、
これはマッサージをすることによってリンパ液や血液の流れをよくするということであり、
「インディバエステ」の効果と同じであるといえます。
 

更新履歴